2016年08月27日

vCPを「[第3版] Cisco LANスイッチ教科書」で学ぶ

参考になる。
ちなみに、CiscoのNexus設定をしているわけでも、
調べているわけでもなく、本題は別のところにあります。(^^)/

Nexus:Nexus5000 vPC roleの役割と障害時の切り戻し手順
https://supportforums.cisco.com/ja/document/12430816


Cisco Nexus - vPC Command
http://www.infraexpert.com/study/nexusz6.html

http://www.infraexpert.com/study/nexus7.html
vPCピアスイッチで、MACアドレステーブルはシャーシ間で同期。

なるほど。

ついでに、VRF(Virtual Routing and Forwarding)
http://www.infraexpert.com/study/mpls5.html


◎[第3版] Cisco LANスイッチ教科書:4,536円
[第3版] Cisco LANスイッチ教科書 -
[第3版] Cisco LANスイッチ教科書 -


◎:3,218円
インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門 -
インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門 -
posted by アンドレアス at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

(参考)しっかりUTMの「FortiGate」は定番商品に成長しましたね。

増え続ける脅威・対策・コスト削減にフォーティネットのUTM「FortiGate」が効く理由

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1108/22/news003.html



◎FortiGate導入ガイド―UTM製品の導入を考える人のために:
FortiGate導入ガイド―UTM製品の導入を考える人のために [単行本] / 日向 俊二 (著); フォーティネットジャパン (監修); オーム社 (刊)


◎NetScreen/SSG 設定ガイド (Gihyo Expert Booksシリーズ):3990円
NetScreen/SSG 設定ガイド (Gihyo Expert Booksシリーズ) [大型本] / 粕淵 卓, 藤田 政博, 山崎 善実 (著); 技術評論社 (刊)


◎FortiGate-200A AV+IPS+Web+AS 次年度 フォーティ:
FortiGate-200A AV+IPS+Web+AS 次年度 フォーティ(製品 メーカー保...
posted by アンドレアス at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

NetFlowとsFlowに詳しくなるために「ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング」を読んでみては?

NetFlow,sFlowに関する内容も含んだ、
内容の濃い本です。

「中級者向け」と書かれています。
「ネットワークフロー解析入門 flow-toolsによるトラブルシューティング」



ネットワーク関連の書籍でも、
NetFlow,sFlowに関する内容は、薄いものが多かったんですが、
ようやく、まともな書籍が出ました。



「中級者向け」と銘打ったことだけの内容のある書籍です。


◆ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング:2730円
ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング [単行本] / ...


目次

1.
Chapter 1 FLOW FUNDAMENTALS 第1章流れの基礎
1.
What Is a Flow?フローとは何ですか?
2.
Flow System Architectureフローシステムアーキテクチャ
3.
The History of Network Flowネットワークフローの歴史
4.
Flows in the Real World実世界でのフロー
5.
Flow Export and Timeoutsフローのエクスポートとタイムアウト
6.
Packet-Sampled Flowsパケットは、フローをサンプリング
2.
Chapter 2 COLLECTORS AND SENSORS 第2章コレクターやセンサ

posted by アンドレアス at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

久しぶりに「LAN設計ノウハウ大全」に目を通す

以前、日経コミュニケーションを定期購読したりしていた時期、
つまり、CCNAを更新したり、CCNPを取得していた時代、
「LAN設計ノウハウ大全」が発売されて
購入していたのですが、久しぶりに開いて見ています。

これには、数多い、企業での導入実例集が掲載されていて、
VoIPやSkype、無線、VPNなどさまざまな導入事例、
トラブルと解決方法などが掲載されています。


私も、参考にするために、
結構な値段がしたこの書籍を参考にしたものでした。



会社で買ってもらえる人は、買ってもらって
見ておくと、現状導入されてきた、さまざまなネットワーク案件の
一部始終が見えて、非常に役立つと思います。


もちろん、個人で買うべきだと思いますが、
ネットワークエンジニアとして、
どこまでの高い目線で取り組むと決めているか、次第ですね。


◎LAN設計ノウハウ大全:

 高いですが、実例資料として、何をリスクケアしないといけなかったか、
 どこからトラブル解決に至ったかを知ることのできる貴重な内容。
 値段通りに分厚いです。
 あなたの知り合いエンジニアも出ているかもしれません(^^)
LAN設計ノウハウ大全 (日経コミュニケーション・ブックス) [大型本] / 日経コミュニケーション (編集); 日経BP社 (刊)
posted by アンドレアス at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

ブリッジをつくる、ルーターをつくる、キャプチャーアプリもつくる、という「ルーター自作でわかるパケットの流れ」は、今年のネットワーク関連書籍で、1番の推薦書です。

※後で、きちんと目を通す時間ができたら、
 もっと詳しくレビューします(^^)


価格も安いので、おススメです。

ボーナスをまだ使ってない人は、
これ買うと、コストパフォーマンスが高いですよ。

自分で、ブリッジをつくる、キャプチャーアプリケーションを作成する、
ルーターもつくる、など、これまでの書籍に無かった内容です。


◎ルーター自作でわかるパケットの流れ:1974円

ルーター自作でわかるパケットの流れ [単行本(ソフトカバー)] / 小俣 光之 (著); 技術評論社 (刊)
posted by アンドレアス at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

ブリッジをつくる、ルーターをつくる、キャプチャーアプリもつくる。小俣さんの書籍を買って、最後まで手を動かして学ぶと、深い知識を持てることは間違いないでしょう。

※後で、きちんと目を通す時間ができたら、
 もっと詳しくレビューします(^^)


価格も安いので、おススメです。

ボーナスをまだ使ってない人は、
これ買うと、コストパフォーマンスが高いですよ。

自分で、

ブリッジをつくる、

キャプチャーアプリケーションを作成する、

ルーターもつくる、

など、これまでの書籍に無かった内容です。


◎ルーター自作でわかるパケットの流れ:1974円

ルーター自作でわかるパケットの流れ [単行本(ソフトカバー)] / 小俣 光之 (著); 技術評論社 (刊)
posted by アンドレアス at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

CCNAとCCNP Routing合格の切り札! 無料のVyattaがあれば・・・合格率アップ!

巷では、もうすぐ出るだろうと、期待感の高かったVyatta書籍です。

BGPやOSPFをこれで動かしながら理解できるのは、
非常に大きいです。




◆オープンソース・ソフトウェアルータVyatta入門 ――実践ルーティングから仮想化まで:
3360円


オープンソース・ソフトウェアルータVyatta入門 ――実践ルーティングから仮想化まで (Software Design plus) [大型本] / 近藤邦昭、松本直人、浅間正和、大久保修一(日本Vyattaユーザー会) (著); 技術評論社 (刊)

ある程度、動かしながら、
問題も解けば、理解がさらに深まる。

そして合格!

徹底攻略 Cisco CCNA 教科書[640-802J][640-816J]対応 ICND2編 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略) [単行本] / 株式会社ソキウス・ジャパン (著); 株式会社ソキウス・ジャパン (編集); インプレスジャパン (刊)
徹底攻略 Cisco CCNA/CCENT教科書 ICNDI編 [640-802J][640-822J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略) [単行本] / 株式会社ソキウス・ジャパン (著); 株式会社ソキウス・ジャパン (編集); インプレスジャパン (刊)


●シスコ技術者認定公式ガイド CCNP ROUTE(試験番号:642-902J):7140円

自己投資なしで、甘い未来がくるはずないやん(^ ^)
シスコ技術者認定公式ガイド CCNP ROUTE(試験番号:642-902J) [単行本(ソフトカバー)] / ウェンデル・オドム (著); シスコシステムズ合同会社 (監修); 株式会社トップスタジオ (翻訳); 翔泳社 (刊)

あくまでCCNP合格を目標にしておくべき!
posted by アンドレアス at 01:00| Comment(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は、表立った案件に出ていないものの、かなりの案件で、Open-Flowのわかる人、が求められています。NetFlowとsFlowの本「ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング」

NetFlow,sFlowに関する内容も含んだ、
内容の濃い本です。

「中級者向け」と書かれています。
「ネットワークフロー解析入門 flow-toolsによるトラブルシューティング」



ネットワーク関連の書籍でも、
NetFlow,sFlowに関する内容は、薄いものが多かったんですが、
ようやく、まともな書籍が出ました。



「中級者向け」と銘打ったことだけの内容のある書籍です。


◆ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング:2730円
ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング [単行本] / ...


目次

1.
Chapter 1 FLOW FUNDAMENTALS 第1章流れの基礎
1.
What Is a Flow?フローとは何ですか?
2.
Flow System Architectureフローシステムアーキテクチャ
3.
The History of Network Flowネットワークフローの歴史
4.
Flows in the Real World実世界でのフロー
5.
Flow Export and Timeoutsフローのエクスポートとタイムアウト
6.
Packet-Sampled Flowsパケットは、フローをサンプリング
2.
Chapter 2 COLLECTORS AND SENSORS 第2章コレクターやセンサ
posted by アンドレアス at 00:58| Comment(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

「Junos 設定&管理 完全Bible」が発売されています。


ガレージ兵頭さん他の方達の執筆により、
Junos 設定&管理 完全Bibleが発売されました。



Junos 設定&管理 完全Bible [大型本] / ガレネット株式会社 兵頭 竜男, 漆谷 智行, 米山 明, 松居 良 (著); 技術評論社 (刊)








第1章:JUNOSの基本
第2章:ブリッジングとイーサネットスイッチング
第3章:IPルーティング
第4章:セキュリティ
第5章:MPLS
第6章:VPN
第7章:IPマルチキャスト
第8章:クラスオブサービス
第9章:IPv6
第10章:高可用性設計

posted by アンドレアス at 23:44| Comment(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

「中級者向け」NetFlow,sFlowの書籍「ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング」が発売!

ネットワーク関連の書籍でも、
NetFlow,sFlowに関する内容は、薄いものが多かったんですが、
ようやく、まともな書籍が出ました。

「中級者向け」と銘打ったことだけの内容のある書籍です。

◆ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング:2730円
ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング [単行本] / ...


目次

1.
Chapter 1 FLOW FUNDAMENTALS 第1章流れの基礎
1.
What Is a Flow?フローとは何ですか?
2.
Flow System Architectureフローシステムアーキテクチャ
3.
The History of Network Flowネットワークフローの歴史
4.
Flows in the Real World実世界でのフロー
5.
Flow Export and Timeoutsフローのエクスポートとタイムアウト
6.
Packet-Sampled Flowsパケットは、フローをサンプリング
2.
Chapter 2 COLLECTORS AND SENSORS 第2章コレクターやセンサ





◆NetflowとsFlowには、vyattaも対応しています。
 http://www.vyatta.org/index.php

今月号、SOFTWARE DESIGN 2011年3月号に、vyatta特集があります。



P97の機能リスト表を見ると、NetFlow,sFlowに対応していると記載があります。

P104にsFlowの具体的な設定が掲載されています。


Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 03月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)


◆flow-tools, flowscan and CUGrapher Netflow collectorを使い、
vyattaから取得したフローのイメージが

http://www.vyatta.org/forum/viewtopic.php?p=29777&sid=a3d368703b1803858c153188cecffac1

に出ています。

flowscan.shとかPerlのlinkme script があるので、合わせて使うと便利。
posted by アンドレアス at 12:21| Comment(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

やっと、NetFlow,sFlowに関する内容も含んだ、内容の濃い本が出ましたね。「中級者向け」と書かれている「ネットワークフロー解析入門 flow-toolsによるトラブルシューティング」

ネットワーク関連の書籍でも、
NetFlow,sFlowに関する内容は、薄いものが多かったんですが、
ようやく、まともな書籍が出ました。



「中級者向け」と銘打ったことだけの内容のある書籍です。


◆ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング:2730円
ネットワークフロー解析入門―flow-toolsによるトラブルシューティング [単行本] / ...


目次

1.
Chapter 1 FLOW FUNDAMENTALS 第1章流れの基礎
1.
What Is a Flow?フローとは何ですか?
2.
Flow System Architectureフローシステムアーキテクチャ
3.
The History of Network Flowネットワークフローの歴史
4.
Flows in the Real World実世界でのフロー
5.
Flow Export and Timeoutsフローのエクスポートとタイムアウト
6.
Packet-Sampled Flowsパケットは、フローをサンプリング
2.
Chapter 2 COLLECTORS AND SENSORS 第2章コレクターやセンサ

posted by アンドレアス at 21:00| Comment(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

IPv4、いよいよ枯渇で、IPv6は本当にやらないといけないかな?

関心のある方は、どうぞ。

IPv4アドレス在庫枯渇予測に関するAPNIC理事会の声明について
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2010/20101215-02.html

IPv6 エッセンシャルズ 第2版 [単行本(ソフトカバー)] / Silvia Hagen (著); 市原 英也, 市原 英也 (監修); 豊沢 聡 (翻訳); オライリー・ジャパン (刊)

そろそろ、リンクローカルアドレスとか、
覚えて、手も動かさねば。




まあ、来年だな。

他にやること、たくさんあるし・・。


IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入 [単行本] / 大元 隆志 (著); リックテレコム (刊)


Cisco Self‐Study:IPv6ネットワーク実装ガイド―IPv6ネットワークの設計・構築・設定方法を学ぶ [単行本] / シスコシステムズ (監修); レジス デミュール (編集); R´egis Desmeules (原著); IRIコマース&テクノロジー (翻訳); ソフトバンククリエイティブ (刊)
posted by アンドレアス at 00:45| Comment(0) | 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

今では、知っていて当たり前なので、ネットワークエンジニアも、仮想化サーバの仮想スイッチは当然知っていないと、仕事ないですよ(^^)

ネットワークエンジニアを名乗っていた人で、
結構、古い落とされた人は、多いと思いますが、
今は、Ciscoのスイッチとか以上に、
仮想スイッチなどをどう取り扱うかを知っていて、当然の時代です。


というか、仮想化スイッチだけ知っていても、
仕事はないから、当然、仮想サーバーを作成、展開、
vMotion(ライブマイグレーション)とか、すぐに使いこなせているところを
見せないといけない時代です。



ところで・・・・・



できますか?




VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション [大型本] / 伊藤忠テクノソリューションズ (著); 翔泳社 (刊)

VMware徹底入門 第2版 [大型本] / ヴイエムウェア株式会社 (著); 翔泳社 (刊)


できるPRO Vmware vSphere 4 (できるPROシリーズ) [大型本] / 渋谷 一郎, 福留 真二, 沢田 礼子, 工藤 真臣, できるシリーズ編集部 (著); ヴイエムウェア株式会社, ヴイエムウェア株式会社 (監修); インプレスジャパン (刊)



補足です。


「VMware徹底入門 第2版」では、あるオープンソースNASをとりあげてます。

ストレージは、今、人材不足、人不足です。

サーバエンジニアでも、ネットワークエンジニアでも、
触っておくと、「ジャンボフレームが・・・」とか、
「iSCSIが・・・」とか、

知ったかぶりできるので、



ぜひ、触っておくと良いと思いますよ(^^)。
posted by アンドレアス at 23:39| 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

新人向け、パケットキャプチャー、キャプチャ解析本

自宅PCにWiresharkをインストールしていたんですが、
WiresharkのWebサイト、すごく充実してますね。

驚きました。

英語が苦手でない方は、
無料で、ビデオを使用したE-Learingもできるので、
オススメです。


IT系企業での新人教育でも、

ここを見ておけ

何月何日に試験します


で、済んでしまいますね。(^^)


なお、日本語本では、
日経BP社のネットワーク講習も担当されていた先生の
この本がオススメ。





パケットキャプチャ入門―LANアナライザWireshark活用術

パケットキャプチャ入門―LANアナライザWireshark活用術

  • 作者: 竹下 恵
  • 出版社/メーカー: リックテレコム
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本






実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング

実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング

  • 作者: Chris Sanders
  • 出版社/メーカー: オライリー・ジャパン
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: 単行本




基礎本としては、オライリーの方も
良いので、下記の「パケットキャプチャ実践技術」を
買うか買わないかで、どっちを買うか判断すると良いでしょう。




パケットキャプチャ実践技術―Wiresharkによるパケット解析 応用編

パケットキャプチャ実践技術―Wiresharkによるパケット解析 応用編

  • 作者: 竹下 恵
  • 出版社/メーカー: リックテレコム
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本






なお、Wiresharkでは、Lua(ルアと読みます。)が使用できるみたいですね。


びっくり!

wireshark1.jpg


また、こういうサイトのように、
LuaがWeb上で実行確認できるところも用意されています。


http://www.lua.org/cgi-bin/demo


いや、便利な世の中になったんですが、
逆に言うと、この便利さを使いこなせるか否か、ですよね。
大事なのは。
posted by アンドレアス at 17:48| 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

サーバー系エンジニアもパケットキャプチャー、パケット解析はやるべきで、そんな時に役立つ本です

最近は、
サーバー系エンジニアでも
パケットキャプチャー、パケット解析を行う人も
見かけますが、まだまだネットワークエンジニアに比較すると
頻度では「少ない」、使いこなしの点では「イマイチ」だと思います。


パケットキャプチャー、パケット解析は、トラブル時に
行うのは当たり前で、かつ動作確認・検証でも
行うのは、当たり前です。



そんな時に役立つ本です。

何冊かパケット解析本は出てますが、
この日経BP社の講師などをされていた方の著書を
まずオススメします。


私も以前、講習受講時に
講師をされていたのが、この方です。


パケットキャプチャ実践技術―Wiresharkによるパケット解析 応用編

パケットキャプチャ実践技術―Wiresharkによるパケット解析 応用編

  • 作者: 竹下 恵
  • 出版社/メーカー: リックテレコム
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本




パケットキャプチャ入門―LANアナライザWireshark活用術

パケットキャプチャ入門―LANアナライザWireshark活用術

  • 作者: 竹下 恵
  • 出版社/メーカー: リックテレコム
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本



posted by アンドレアス at 10:25| 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

最後のCisco本か。唯一、売れている本がコレ

本屋でもすぐに目に付きますが、ネットワーク本は、
売れなくなりました、というか、そもそも、
発売されてないですよね、ほとんど。




Ciscoネットワーク構築教科書[設定編]

Ciscoネットワーク構築教科書[設定編]

  • 作者: ダイワボウ情報システム株式会社
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2010/03/12
  • メディア: 単行本






おそらく
私が買う最後のCisco系の書籍になりそうです。

コレ!

中身も丁寧です。

「できるCisco」とでもネーミングしたくなるような
ページも多いです。

無線のAironetなどの設定もPEAPなど
必要な設定箇所・内容が出ています。
posted by アンドレアス at 23:37| 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

GMS、IMSIなど基本中の基本知識がわかりやすく書かれている書籍です

無線関連の仕事をしている人は、
すでに購入済みでしょう。



HSPA+/LTE/SAE教科書 ワイヤレス・ブロードバンド (インプレス標準教科書シリーズ)

HSPA+/LTE/SAE教科書 ワイヤレス・ブロードバンド (インプレス標準教科書シリーズ)

  • 作者: 服部 武(上智大学)
  • 出版社/メーカー: インプレスR&D
  • 発売日: 2009/07/27
  • メディア: 単行本






基礎的な内容も含めて、
携帯でのメール配送に関わる、
IMSI関連のことも出ています。

SMS,MMSなどに関わる人は、1冊会社費用でもいいから、
買ってもらって目を通しておくと良いです。



でなければ、3GPPの資料を丹念に読むこと。

ですね(^^)/
posted by アンドレアス at 20:56| 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

実務よりの書籍でオススメなCisco関連本・・・VPNやMPLSや・・

Ciscoの資格試験は、
最近は、廃れた感じも漂い始めましたが、
どっこい実務では、相変わらず
使われています。


実務よりの書籍でオススメなCisco関連本は、コレ。


Cisco WAN 実践ケーススタディ

Cisco WAN 実践ケーススタディ

  • 作者: 土屋 師子生
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2008/08/29
  • メディア: 大型本





最近は、YAMAHAの本の方が売れている気がしますが、
どっこい実務では、根強いCiscoの存在です。
posted by アンドレアス at 00:23| 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

特集2はOSPFマスター術(日経NETWORK2008年3月号)です。

CCNPのBSCIを合格している人は、
読む必要はない、
と思います。


と前置きしましたが、
日経NETWORK2008年3月号、今月号で、

「特集2 OSPFマスター術」が掲載されています。

基本的なところは、
CCNAレベルで理解している人が
多いと思いますが、
これからBSCIを受ける人は、
この特集のP71〜始まる「レベル5」が
わかっている必要があるでしょう。


Ciscoルーターでのコンフィグを意識した
設定例などもあるので、
受験する人は、目を通しておくと
いいでしょうね。


目
■参考:CCNA受験予定者でも、使えます。
iprouting.jpg
「要点解説 IPルーティング入門」
価格:¥3,360(税込)
出版社:ソフトバンククリエイティブ


posted by アンドレアス at 15:11| 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

参考・・・STPの設定が正しくても、ループする場合・・

CCNP試験では、このような
実際のトラブル問題は、出ないですが。


●日経NETWORK 2008年2月号
「特集2 データセンター大解剖」


■STPの設定が正しくても、ループが発生するケース

スイッチの回路の一部がハードウェア故障

回線は生きている。
しかし、BPDUがやりとりできない。

■トラブル発生
切替発生で、ブロードキャストストーム。

■対策
1.ストームコントロール(要は、流量監視。しきい値設定や流量制限を使用)
2.ループ検地(監視用フレームを送信)

大規模な環境で運用している場合の
トラブルです。

日経NETWORKが、近くにある人は
読んでおくと良いでしょう。


▲補足:VSS(物理的に2台のスイッチを論理的に1台扱い)
    のことも触れられています。
    いずれ、CCNPのBCMSNにも出てくるでしょうね。

▲補足2:何気なく書かれていますが、
     OSPFでのコストを同じにして
     複数の経路を通るようにしたり、
     障害同時発生を防ぐために、
     同一メーカースイッチを
     2台ごとで並列に並べているところなど
     教科書では、学べないところが
     参考になると思います。


bcmsn.jpg
新版 徹底攻略Cisco CCNP BCMSN 問題集 [642-812J]対応
出版社: インプレスジャパン
価格:¥4,200(税込)



▲補足3:ラック1台当たりの電力制限により、
     ブレードサーバーをラック一杯詰め込むことは
     難しいケースが多いというのは、
     覚えておくといいですねわーい(嬉しい顔)

     こういう話は、ブレードサーバーの宣伝なんかに
     説明してくれてないですからねぇー。

▲補足4:P61に書かれているモジュールの物理アドレスを
     スロットに設定された論理的な物理アドレスで
     上書きするってあるんですが、
     ボンディングやチーミングやっている
     サーバーできちんと動作するか
     不安を感じるので、動作確認しないと。
posted by アンドレアス at 11:11| 基本のキホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。