2017年07月23日

最近のネットワーク本の売れ線(その1)を読みながら、「落ちなかったネットワークエンジニア」と「落ちたネットワークエンジニア」の違いを考えてみる

書店でネットワーク書籍の占める棚が少なくなった

かつて著名だったネットワーク連載を書かれている方のコメントが、
今月で休刊する「日経コミュニケーション」に出てました。

個人的には、「そりゃそうだよ、なぜなら・・・」と思った次第です。

SDNなどの流行が予測された時に、
「作れるネットワークエンジニア」を目指そうとした人が
少なかった(いないに等しい)のが根本的な原因だと思います。

中国人のCCIE取得者が1万人を超えた、と発表された頃から、
「設定して置く」時代が終わりを告げていたと思っていました。

広範囲にネットワークインフラが整い、それまでのような
「設定して置く」時代
「設定して置き替える」時代

が収束していたことは、案件の減少により、誰でも認識可能な事でした。

ゆえ、メーカーが作った製品を決まったコマンドで配置する、という
パターン化された仕事が、数年間、多量に存在していることに
あぐらをかいてしまい、またそんな時代がやってくる、と
根拠の無い楽観(言葉を変えると、単なる怠慢)をしてしまったのが
原因としか思えません。

その頃、違う分野に関心を持てば、
定型業務をプログラム化してチップの中に埋め込もうとしている企業・人達もいることに
気づけたはずです。
(Interface等の雑誌にある、企業広告等を読むだけでも)

「このままではやばいのでは・・」と
将来を想定した「先回りの行動」に向かうことも出来たはず。

しかし、
「下手にCCIEになったがゆえに、それを無いものとして
 ゼロベースで自分を見つめることが出来なかった人」は、
以降、
急激な右下下がりと、ゆるやかな右下下がりを繰り返し、
落ちて行ってるようです。
※この10年間のネットワークエンジニアを見ると。

ブログを見ると、その人の現実からの目の背け方が
よく分かります。

どのIT職種であっても、隆盛の時期は、誰にでも訪れます。

旬を過ぎた時に、「継続して新しい内容を学べる」人は、
多くない。

IT業界のネットワークエンジニアを見ていると、
その事が、よく分かります。

★例外はさほど多くないです。
 ただ、会社がうまく案件を使って職種転換してくれる場合などは、
 自分で試行錯誤しなくても良いため、
 「自分は継続して学べる人間だ」と勘違いしてしまう事が
 あると思います。

 次に「再度転換が迫られる時期」に遭遇した際、
 年齢が上がり「つぶしの効かないだろうと見なされる年齢」に該当する場合、
 その時は、会社も職種転換を誘導してくれないと思います。

 その時、本当に「継続して新しい内容を学べる」人であったかを真に問われることになりますが、
 「自分は継続して学べる人間だ」と証明できる人は、決して多くないと思います。



◎IoTネットワーク LPWAの基礎 -SIGFOX、LoRa、NB-IoT:2,592円
IoTネットワーク LPWAの基礎 -SIGFOX、LoRa、NB-IoT- -
IoTネットワーク LPWAの基礎 -SIGFOX、LoRa、NB-IoT- -

◎実践サイバーセキュリティモニタリング:円
実践サイバーセキュリティモニタリング -
実践サイバーセキュリティモニタリング -
◎CSIRT:構築から運用まで:円
CSIRT:構築から運用まで -
CSIRT:構築から運用まで -
posted by アンドレアス at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

9月5日発売のCCNA黒本と「Cisco ACI ポリシーベースのデータセンター アーキテクチャ/コンセプト/メソドロジー」を買いに・・・

最新情報の入手のためです。

黒本は、2012年以来かな、たぶん。

◎Cisco ACI ポリシーベースのデータセンター アーキテクチャ/コンセプト/メソドロジー:4,968円
Cisco ACI ポリシーベースのデータセンター  アーキテクチャ/コンセプト/メソドロジー -
Cisco ACI ポリシーベースのデータセンター アーキテクチャ/コンセプト/メソドロジー -

◎【CISCO互換ケーブル】FTDI chipset USB RJ45 コンソールケーブル:1,720円
【CISCO互換ケーブル】FTDI chipset USB RJ45 コンソールケーブル -
【CISCO互換ケーブル】FTDI chipset USB RJ45 コンソールケーブル -

◎USB RJ45 シリアル コンソールケーブル FTDI チップ(Cisco Juniper などに対応) (2.0m, オレンジ):1,798円
USB RJ45 シリアル コンソールケーブル FTDI チップ(Cisco Juniper などに対応) (2.0m, オレンジ) -
USB RJ45 シリアル コンソールケーブル FTDI チップ(Cisco Juniper などに対応) (2.0m, オレンジ) -

◎徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3.0 対応:4,104円
2016/9/5発売です。
先行販売しているかもしれないので、後で、見に行きます。
徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3.0 対応 -
徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3.0 対応 -
posted by アンドレアス at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

格安SIMのキャリアNAT問題を考える、を考えるために、日経NETWORK2014年9月号特集1 電話アプリの秘密教えます、を読む。

日経NETWORK2014年9月号特集1の要約、です。

合わせて、以下も読むと、実用に役立つと思います。

間違いだらけのネットワーク作り(855)2014/11/22
「格安SIMのキャリアNAT問題」
http://www2j.biglobe.ne.jp/~ClearTK/atm_fr/m141122.htm


●まとめ

・4種類のNAT方式

@フルコーンNAT(Full Cone NAT):STUN使用可能
Aアドレス制限コーンNAT(Address Restricted Cone NAT):STUN使用可能
Bポート制限コーンNAT(Port Restricted Cone NAT):STUN使用可能
C対照型NAT(Symmetric NAT):TURN使用可能



つづく・・・・・。後で追記


◎すべてわかるLTE-Advanced大全:1,944円
すべてわかるLTE-Advanced大全 (日経BPムック) -
すべてわかるLTE-Advanced大全 (日経BPムック) -

◎すべてわかる4G大全:1,944円
すべてわかる4G大全 (日経BPムック) -
すべてわかる4G大全 (日経BPムック) -
posted by アンドレアス at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

発売中、「Vyatta仮想ルータ活用ガイド」を読んで、サーバーエンジニアもルーティングを押さえる時代になりました

仮想化案件では、
サーバーエンジニアからネットワーク担当を選択するケースが
増えましたが、AWSの利用が増える中、
いよいよ、OSPFなどの動的ルーティングを
担当する機会が、今後増えると思います。

昔と違い、Ciscoのルータを大量に集めて、
動作検証する時代ではないため、
誰でも仮想環境上で、Vyattaを使用して、
動作検証、学習、研修を行うことができる時代です。
(行うことを求められる時代)

最新の内容を記載した
「Vyatta仮想ルータ活用ガイド」を読んで、
案件をトラぶらせないようにしましょう(^^)/



◎Vyatta仮想ルータ活用ガイド:3,564円
Vyatta仮想ルータ活用ガイド (Software Design plus) -
Vyatta仮想ルータ活用ガイド (Software Design plus) -


◎ルーター自作でわかるパケットの流れ:2,030円
ルーター自作でわかるパケットの流れ -
ルーター自作でわかるパケットの流れ -
posted by アンドレアス at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

先行販売も予想されますが、OpenFlow書籍が発売されます。「クラウド時代のネットワーク技術 OpenFlow実践入門」

SOFTWARE DESIGNで連載されていた
OpenFlowの連載が、書籍となるようです。

当然、加筆もされていると思いますが。
(連載期間は、意外に短かかったので・・・)

◎クラウド時代のネットワーク技術 OpenFlow実践入門 (Software Design plus):3,360円
クラウド時代のネットワーク技術 OpenFlow実践入門 (Software Design plus) [単行本(ソフトカバー)] / 高宮 安仁, 鈴木 一哉 (著); 技術評論社 (刊)

OpenFlowプログラミングコントローラ「Trema」を使って
説明する本ですね。


SOFTWARE DESIGNの連載を読んでいた人であれば、
Rubyを学んでいることが、アドバンテージになる内容です。
1から学ばなくても、ソースを読めることが利点にもなるので、
もし、まだRubyを学んでいないなら、ぜひとも、この機会に

「ネットワークと言語がわかるエンジニア」

という道を歩むチャンスだと思います。




◎作りながら学ぶRuby入門 第2版:2,730円
作りながら学ぶRuby入門 第2版 [単行本] / 久保秋 真 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)


◎たのしいRuby 第3版:2,730円たのしいRuby 第3版 [単行本] / 高橋 征義, 後藤 裕蔵 (著); まつもと ゆきひろ, まつもと ゆきひろ (監修); ソフトバンククリエイティブ (刊)
posted by アンドレアス at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

「絶対わかる!ネットワーク設計超入門 増補改訂版」は、10GbpsやiSCSIネタなど旬な技術解説が満載で、会社費用でいいから購入しておくべきです

昨日立ち読みしていたんですが、
2つ印象に残りました。

1つは、日経コミュニケーション(最新号は今日発売されたので、一号前の)の
Teamingのところ。


かなり濃いめの話で、
最初は、リンクステートトラッキングなどで
仮想化環境での問題を解決する、という内容かなーと
思って読み出したんですが、
どうも、そうではなくって、
読んでいくと、

VLAN間ブリッジング(VLAN間ルーティングではありません)の話でした。

むむむ、こういうことも起こりえるのか!と
思う内容だったので、
仮想化案件に関わる人は、目を通しておくべきだと
思います。



◎絶対わかる!ネットワーク設計超入門 増補改訂版 (日経BPムック ネットワーク基盤技術選書):2,520円
日経NETWORKでの連載、特集が満載された
非常に内容の濃い雑誌です。
コストパフォーマンスが高いのと、仮想化でのスイッチの扱いや
障害時の対応方法など、サーバーエンジニアにこそ
薦めたい内容です。
10Gbps iSCSI1関連やSFP+などの最新ネタが満載なので、
即実践にも役立つ内容です。
絶対わかる!ネットワーク設計超入門 増補改訂版 (日経BPムック ネットワーク基盤技術選書) [ムック] / 日経NETWORK (編集); 日経BP社 (刊)
posted by アンドレアス at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

ネットワークエンジニアだけど、VCPを受ける予定のある人、あるいは仮想化仕事案件に投入されている人は、必読です。自信のある人は受けてみては?

先月7月26日に発売されていたようですが、
資格試験本コーナーに、普通に縦置きされていたので、
今日まで気づきませんでした。

普通、横積みするよね、発売当初は
売れるから。

最近は、書店も、あんまり売る気がないのかな?


◎VCP教科書 VMware vSphere 4:6720円
VCP教科書 VMware vSphere 4 [単行本(ソフトカバー)] / Brian Perry、Chris Huss、Jeantet Fields (著); 株式会社ネットワールド (監修); 株式会社トップスタジオ (翻訳); 翔泳社 (刊)



☆練習問題を200問収録


おおーーーっ!

vSphere4.1もカバーしているようですね。


◎VMware徹底入門 第2版:3654円
VMware徹底入門 第2版 [大型本] / ヴイエムウェア株式会社 (著); 翔泳社 (刊)


◎VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション:4410円
VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション [大型本] / 伊藤忠テクノソリューションズ (著); 翔泳社 (刊)
posted by アンドレアス at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

予想通り始まる、シスコのリストラ・・インフラ整備完了->ネットワークエンジニアの飽和->ネットワーク案件の現象->ネットワーク関連企業の減益、リストラという流れ

米シスコが全従業員の15%削減へ、メキシコ工場も売却
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110719-00000531-reu-bus_all

「予想を上回る大幅な人員削減」だそうです。




シスコのリストラ自体は、予想通りではなかったでしょうか?

インフラ整備完了

ネットワークエンジニアの飽和

ネットワーク案件の減少
↓※1
ネットワーク関連企業の減益、リストラという流れ


※1)
この時期に、ネットワーク案件・仕事は、
既存ネットワークの更改とか、乗り換え提案などの仕事案件くらいしか
ないのが特徴です。

ゆえ、今後、同じ現象がサーバー分野でも予想されますが、
サーバーエンジニアの方も心して準備した方が良いと思います。

私は2012年から、大半のサーバーエンジニアが
不要になる(仕事が急激に減少する、いらなくなる)と
書いてましたが、東日本大震災の影響で、
半年早まった気がしています。


既に、クラウド・仮想化と言っていた企業も、
下げ切れないコスト(自動化できない技術レベルの低さ)のため、
どの企業も、ぱっとしない価格設定と
既存ホスティングとさほど違わないサービス提供で
行き詰まり、商品発表こそしているものの、
既に売れないサービスを何とか売ろうとして、
営業SEやコンサルティングにシフトしようという
最後のあがきを見せているところが、いくつか出てきました。

来年は、いよいよ大量のサーバーエンジニアを
どう取り扱うか、が、多くのIT企業のテーマになり、
日経SYSTEMSあたりに、
「サーバーエンジニアの職種転換Q&A」とかいう特集などが
組まれるかなと推測しています。わーい(嬉しい顔)



最後に一言

上記状況ですが、
ネットワーク知識(ルーティング・スイッチング)も
サーバー知識(DNS、メール、Web etc...)も必要であることは、
変わりありませんので、特に若い方は、
動作・仕様などを理解する場合には、
Vyattaなどを使い、教科書として、実績のある
CCNA,CCNPなどの書籍を使う、というのが、
一番コストパフォーマンスの良い方法になります。

Vyattaの場合、これを使うことで、
サーバー関連のことも合わせて、やってみようという風に、
なり易いのが、良い点です。


◎オープンソース・ソフトウェアルータVyatta入門 ――実践ルーティングから仮想化まで (Software Design plus):3360円
オープンソース・ソフトウェアルータVyatta入門 ――実践ルーティングから仮想化まで (Software Design plus) [大型本] / 近藤邦昭, 松本直人, 浅間正和, 大久保修一, 日本Vyattaユーザー会 (著); 技術評論社 (刊)



◎徹底攻略Cisco CCNP ROUTE問題集[642-902J]対応:4410円
徹底攻略Cisco CCNP ROUTE問題集[642-902J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略) [単行本(ソフトカバー)] / 株式会社ソキウス・ジャパン (著); 株式会社ソキウス・ジャパン (編集); インプレスジャパン (刊)
posted by アンドレアス at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

メチャクチャ暑くて、夜眠れない人には、冷却ジェルマット。これで、ひんやり感を体感できます。眠れます。

さすがに東京も大阪も暑くて、
されど節電。

夜眠れない人には、冷却ジェルマット。

ひんやりします。

この3ヶ月は、これがあれば、しのげるはず!

※暑いので、文字色も全部、青色にしました。



posted by アンドレアス at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

書店でも売れています、Vyatta本を買って、サーバーエンジニアは、ルーティング知識も得て、無敵を目指そう!

今、ネットワーク書籍で売れているのは、
竹下さんのパケットキャプチャー本改訂版を除けば、
このVyatta書籍くらいです。

Vyatta自体の万能さ、がやはり魅力なのでしょう。

もともと、Zebraやquaggaで、広く知られていたので、
入りやすいし。

BGPやOSPFをこれで動かしながら理解できるのは、
非常に大きいです。




◆オープンソース・ソフトウェアルータVyatta入門 ――実践ルーティングから仮想化まで:
3360円


オープンソース・ソフトウェアルータVyatta入門 ――実践ルーティングから仮想化まで (Software Design plus) [大型本] / 近藤邦昭、松本直人、浅間正和、大久保修一(日本Vyattaユーザー会) (著); 技術評論社 (刊)

ある程度、動かしながら、
問題も解けば、理解がさらに深まる。

そして合格!

徹底攻略 Cisco CCNA 教科書[640-802J][640-816J]対応 ICND2編 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略) [単行本] / 株式会社ソキウス・ジャパン (著); 株式会社ソキウス・ジャパン (編集); インプレスジャパン (刊)
徹底攻略 Cisco CCNA/CCENT教科書 ICNDI編 [640-802J][640-822J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略) [単行本] / 株式会社ソキウス・ジャパン (著); 株式会社ソキウス・ジャパン (編集); インプレスジャパン (刊)


●シスコ技術者認定公式ガイド CCNP ROUTE(試験番号:642-902J):7140円

自己投資なしで、甘い未来がくるはずないやん(^ ^)
シスコ技術者認定公式ガイド CCNP ROUTE(試験番号:642-902J) [単行本(ソフトカバー)] / ウェンデル・オドム (著); シスコシステムズ合同会社 (監修); 株式会社トップスタジオ (翻訳); 翔泳社 (刊)

あくまでCCNP合格を目標にしておくべき!





それにしても、暑いですね。

誰や?冷夏かもしれない、とか言ってたのは(苦笑)



◆扇風機






最近は、残業禁止とか残業するな、ということで、
営業時間以外は、クーラーを停止しているところが
増加してますが、もう人間として限界ですよね、
クーラーついてないビルの中は。
posted by アンドレアス at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

早くも書店から消えた(笑)「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」は、売り切れ続出か?

「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」が、予想通り
まず、消えました。(笑)わーい(嬉しい顔)

IPv6本は、今後、売り切れ続出となるでしょうか?

IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入 [単行本] / 大元 隆志 (著); リックテレコム (刊)




==========================================
最初にCCNP ROUTEを置き始めたようです。

シスコ技術者認定公式ガイド CCNP ROUTE(試験番号:642-902J) [単行本(ソフトカバー)] / ウェンデル・オドム (著); シスコシステムズ合同会社 (監修); 株式会社トップスタジオ (翻訳); 翔泳社 (刊)


949ページもあるので、ビックリ!

EIGRP,OSPF,BGPなどテンコ盛りですが、
やはり、かなりのページを占めていた、
IPv6のところは、早目に押えておく必要ありますね。

ちなみに英語版は¥4,665 です。安い!

CCNP ROUTE 642-902 Official Certification Guide (Exam Certification Guide) [ハードカバー] / Wendell Odom (著); Cisco Press (刊)

英語版では、コマンドガイドまで発売されていますねー。


CCNP ROUTE 642-902 Official Certification Guide (Exam Certification Guide) [ハードカバー] / Wendell Odom (著); Cisco Press (刊)








IPv4枯渇が、約1ヶ月という声をチラホラ耳にするようになり、
書店のIPv6本が急速に売れて、減り始めたようです。(^^)


たぶん来月以降は、しばらく売り切れ、品切れになるものも
出てくるでしょうね。




IPv6 エッセンシャルズ 第2版 [単行本(ソフトカバー)] / Silvia Hagen (著); 市原 英也, 市原 英也 (監修); 豊沢 聡 (翻訳); オライリー・ジャパン (刊)






======================================================

昨日、長らく活躍していた私物のCatalyst2950を
知人に、あげてきました。(プレゼントですね)

最近は、使わないし、もうNetwork(というか、Cisco)に
リキを入れる時期(時代)ではないので、
あげちゃいました。
帰りに、Catalystを使う人には、おなじみの書籍である。
を買われていました。


現場で使えるCatalystスイッチ管理者リファレンス130の技 (NETWORK ENGINEER) [単行本] / 三上 信男 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)

まあ、何もないと、わからないですからね、最初は(^^)
(Webだけでは、さすがにきつい。学習速度が落ちますからね。本がないと)

改訂新版 Cisco Catalyst LANスイッチ教科書 [単行本] / シスコシステムズ株式会社 LANスイッチワーキンググループ (著); インプレス (刊)

※びっくり、アマゾンってCatalyst売っているんですねー。いつの間に?


CISCO Catalyst 3560-24TS-S マルチレイヤ イーサネット スイッチ WS-C3560-24TS-S / Cisco Systems

特に、2960の8ポート売ってますね、こりゃ、驚いた。
これ、欲しいな(^^)。


CISCO Catalyst 2960-8TC-L インテリジェント イーサネット スイッチ WS-C2960-8TC-L / Cisco Systems

これ、IOSが、12.25SEE2(もしくは12.25SEE)以上なら、
802.1x認証とかで使えるし、買う価値ありです。


posted by アンドレアス at 06:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

エンジニア向けに「生き残りの条件」「これからの10年どうサバイブするか」という特集がある雑誌が、買われているのを見ると、不安を感じているエンジニアが多いんだな、と思うけど。

先ほど買った「WEB+DB PRESS vol60」では

「これからの10年、どうサバイブするか」が特別企画で。

「SOFTWARE DESIGN 2010/12」では、
「ITの10年後よりボクらの3年後」と書かれて
「ITエンジニア生き残りの条件」と

エラく、大きく出ていたりします。(^^)

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2010年 12月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)

SOFTWARE DESIGN の方は、私には、違和感とかまとめ記事とか、
つまらない結論、にしか見えなかったのですが、
WEB+DB PRESS vol60は、スターロジックの羽生さんの記事であり、
結構、30代、40代のリアルな現実を、実際の現場で見聞した方が
書いているので、なかなか読み応えありました。

ぜひ、目を通して欲しいですね。

「10ヶ年計画のロードマップ」と
10年後、確実に10歳、年をとるという箇所が、
リアルに心に響きました(^^)。


WEB+DB PRESS Vol.60 [大型本] / WEB+DB PRESS編集部 (編集); 技術評論社 (刊)
posted by アンドレアス at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

この「涼宮ハルヒの消失」って、内容は、どういう種類のアニメなんだ?SF?

私の周囲には、知っている人がいません。

そして、私も内容を知りません。

面白いと言われているけど、ジャンルはSFなのかな?




涼宮ハルヒの消失 限定版 (Amazon.co.jp限定スチールブック付き/完全生産限定版)  [Blu-ray] / 平野綾, 杉田智和, 茅原実里, 後藤邑子, 小野大輔 (出演); 石原立也 (監督)
posted by アンドレアス at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

昨日だったか、おとついだったか、予想より早く、IPv4アドレスが枯渇しそう、という メールが・・・

昨日だったか、おとついだったか、
予想より早く、IPv4アドレスが枯渇しそう、
というメールが某MLに流れました。


2011年は、さすがにIPv6やらないといけないんだろうなー。

「IPv6トライアルキャンペーン」とIPv4枯渇時計と

http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/ipv6/


日経NETWORKや書籍を読み直しておこうと、思います。

もちろん、来年から、ですが。


IPv6 エッセンシャルズ 第2版 [単行本(ソフトカバー)] / Silvia Hagen (著); 市原 英也, 市原 英也 (監修); 豊沢 聡 (翻訳); オライリー・ジャパン (刊)


IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入 [単行本] / 大元 隆志 (著); リックテレコム (刊)


マスタリングTCP/IP IPv6編 [単行本] / IRIユビキタス研究所 (著); オーム社 (刊)
posted by アンドレアス at 00:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

あえて、書いておきます。特に若い人はCCNAやCCNPをゲットした後、すぐに・・・した方が良いです。そうしないと・・・

ネットワークエンジニアと名乗っていた先輩達と
同じ目にあいますよ。

いや、どんどん、状況は悲惨な方向に・・、向かうはず。

CCNAやCCNPの試験で、スイッチやルーティングを学ぶのは
必須スキルなので、良いことですが、
その後のキャリアをどう作っていくかは、先輩を見習わずに
考えないと、


ドツボに陥りますよ。


自分のキャリアの絵を、何も描いていないならば、
一時でもいいから、
やはり仮想化に進むべきです。


せめて、仮想スイッチと仮想サーバーを
完全に自分で使いこなせる、提案できる、
しどろもどろにならないくらいに、触っておく方が、
引き手がありますから。


できるPRO Vmware vSphere 4 (できるPROシリーズ) [大型本] / 渋谷 一郎, 福留 真二, 沢田 礼子, 工藤 真臣, できるシリーズ編集部 (著); ヴイエムウェア株式会社, ヴイエムウェア株式会社 (監修); インプレスジャパン (刊)


VMware Cookbook (Cookbooks (O'Reilly)) [ペーパーバック] / Ryan Troy, Matthew Helmke (著); Oreilly & Associates Inc (刊)
posted by アンドレアス at 00:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

VMware系でよくある現象。ping通らない、疎通できないは、これで回避?

VMwareには、仮想スイッチという機能があります。
ネットワークの話題でもあるので、メモしておきます。

ここ1ヶ月で2回目の現象のような気もしますので、
備忘録として残します。


VMware系でよくある現象。
無償で使えるものから、有償で提供されているものまで。

・仮想スイッチを作成している。
・物理ネットワークアダプタに仮想スイッチを割り当てている
 (正確には、ネットワークというべきか)
・物理インターフェースはLEDの色が黄緑色(黄色)で正常。
・仮想マシンの倫理インターフェース(いわゆるeth0)は起動している


しかし、なぜかpingが通らない。
疎通できない。

これで気をつけないといけないのが、
物理インターフェースのLEDを見て、黄緑色だから
正常にリンクがあがっている、と思ってしまうことですね。

論理を意識すべきなんですが、現実には「物理」を見て、
論理も正常と認識しがち。


前回は別の人、今回は私でしたが、
インターフェースをAutoから100Mbps/固定 にするというのが
解決方法になりました。


自分でなぜ、こうやったかというと、万策つきて、
何気なくやったら、解決したということです(^^)。


さすが、俺!(^^)。

でも、理屈を調べないといけないな、絶対。

仮想マシンのインターフェースがややこしい点は、
ethtoolコマンドを使用しても本来表示して欲しい内容を表示してくれない点です。

2行くらしか表示されへんし(^^)


■参考
「できるVMware vSphere4」P127〜P142

「VMware徹底入門」P232〜P261

「VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション」VMware ネットワーク設計P219〜P225


できるPRO Vmware vSphere 4 (できるPROシリーズ)

できるPRO Vmware vSphere 4 (できるPROシリーズ)

  • 作者: 渋谷 一郎
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2009/10/22
  • メディア: 大型本





VMware徹底入門 (DVD付)

VMware徹底入門 (DVD付)

  • 作者: ヴイエムウェア株式会社
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2008/11/13
  • メディア: 大型本






VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション

VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション

  • 作者: 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2010/10/08
  • メディア: 大型本







もうすぐ発売されます!これは期待大!


VMware徹底入門 第2版

VMware徹底入門 第2版

  • 作者: ヴイエムウェア株式会社
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2010/11/12
  • メディア: 大型本



posted by アンドレアス at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

VMwareの実践本が出ました。「システム構築のためのノウハウを中心に構築/運用/監視などの技法を実践的に解説」だそうです。特にAPIのところが役立つと自分は思う。

久しぶりにVMware本が出ました。
実用的な本です。

「VMware vSphere エンタープライズ・インテグレーション」

・もちろん、VMware vSphere 4を扱っています。

・VMware ESX/vCenter 2つのテスト環境を使っています。

書籍説明では、

既刊の「徹底入門」とは一線を画し、システム構築のためのノウハウを中心に構築/運用/監視などの技法を実践的に解説

だそうです。


●個人的なレビュー

PowerCLIによる運用自動化が私にとっては、
一番、役立ちそう。


APIに関して触れている書籍は、今まで、日本語版VMware書籍ではなかったはず。

「触れている」=具体的な例をあげてAPIを動かしている、という意味。




内容は、下記です。

VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション

VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション

  • 作者: 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2010/10/08
  • メディア: 大型本




--------------------------------------------------
はじめに


第 1章 仮想化とクラウドコンピューティング

1.1 仮想化の流行
     1.1.1 仮想化技術とは
     1.1.2 市場動向
1.2 仮想化システム基盤
     1.2.1 メニュー化されたシステム
     1.2.2 クラウドコンピューティングの考え方
1.3 プライベートクラウドとパブリッククラウド
     1.3.1 IT資産、利用での分類
     1.3.2 5W1Hで分類
1.4 クラウドによるサービスの分類
     1.4.1 SaaSとは
     1.4.2 PaaSとは
     1.4.3 IaaSとは
1.5 仮想技術を使いこなすには
第 2章 仮想化技術を概観する

2.1 サーバーの仮想化技術
     2.1.1 仮想化の実装方式
     2.1.2 メインフレーム、UNIX機、PCの仮想化
2.2 CPUの仮想化
     2.2.1 CPUの仮想化支援機能
     2.2.2 VMwareでのCPU利用
2.3 メモリの仮想化
     2.3.1 仮想メモリ
     2.3.2 メモリの仮想化支援機能について
     2.3.3 最新のメモリアクセス方式 -NUMAとは
     2.3.4 VMwareでのメモリアクセスの効率化
2.4 ネットワーク仮想化について
     2.4.1 OSI参照モデル
     2.4.2 NICの仮想化
     2.4.3 スイッチの仮想化
2.5 ストレージの仮想化
     2.5.1 VMwareでのストレージ技術
     2.5.2 RAIDとは
     2.5.3 RAIDシステムの実装
     2.5.4 ストレージ装置の仮想化
     2.5.5 Fibre Channelの技術
     2.5.6 iSCSIの技術
     2.5.7 今後のストレージ技術の発展
2.6 仮想化技術利用のポイント
     2.6.1 仮想化技術で変わること
     2.6.2 仮想化技術で変わらないもの
第 3章 ESXのテスト環境構築(1) 〜VMware Workstationの利用〜

3.1 VMware ESXテスト環境の構築
3.2 VMware Workstation上に環境を作る
3.3 基本設計
     3.3.1 最低限の要件
     3.3.2 必要なソフトウェア
     3.3.3 ソフトウェアの関係図
     3.3.4 インストールの順番
3.4 ダウンロード手順
     3.4.1 VMware Workstation 7.1のダウンロード
     3.4.2 VMware vSphere ESX 4.1のダウンロード
     3.4.3 Ubuntu Linux 10.04のダウンロード
3.5 VMware Workstation 7.1のインストール
     3.5.1 インストール手順
3.6 VMware ESX用の仮想マシンの作成
     3.6.1 仮想マシン作成手順
3.7 VMware ESX 4.1のインストール
     3.7.1 ISOイメージファイルのマウント
     3.7.2 VMware ESX 4.1のインストール
3.8 vSphere Clientのインストール
     3.8.1 vSphere Clientのダウンロード
     3.8.2 vSphere Clientのインストール
     3.8.3 Ubuntu 10.04用の仮想マシンの作成
     3.8.4 Ubuntu 10.04のインストール
3.9 活用方法
第 4章 ESXのテスト環境構築(2) 〜ミニチュア実機検証環境〜

4.1 仮想化のための実験環境
4.2 システムイメージ
     4.2.1 ハードウェア構成
     4.2.2 ソフトウェア構成
4.3 基本設計
     4.3.1 ネットワーク情報
4.4 インストール作業
     4.4.1 ML110G5
     4.4.2 Express 5800のインストール
     4.4.3 スイッチングHUB
     4.4.4 機器接続
4.5 設定作業
     4.5.1 Openfilerの設定作業
     4.5.2 VMware ESXの設定作業
     4.5.3 vCenter Serverのインストール
     4.5.4 vCenter Serverのオペレーション
     4.5.5 設定後の作業
4.6 VMware ESXの機能とオペレーション
     4.6.1 vCenter Serverの役割
     4.6.2 vCenter導入によって実現する機能
     4.6.3 vMotion
     4.6.4 Storage vMotion
     4.6.5 vNetwork Distributed Switch
     4.6.6 その他の機能

つづく・・・・・・・・・・・


VMware Cookbook (Cookbooks (O'Reilly))

VMware Cookbook (Cookbooks (O'Reilly))

  • 作者: Ryan Troy
  • 出版社/メーカー: Oreilly & Associates Inc
  • 発売日: 2009/11/02
  • メディア: ペーパーバック




posted by アンドレアス at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

アマゾンで、オフィスチェアと書斎机を、うまく買おうと、検索中なのです。

今まで座して家では、PCを使用してきましたが、
ついに、椅子に座るかと物色中です。

一応、ヨドバシなどでもチェックしておこう。


オフィスチェアを物色・・・・





全部欲しい・・・(^^)

ヨドバシとの価格差はどうなっているのか、
調べてこよう。




あとは、書斎机と。

机で検索するのと、書斎机で検索するのは、
結果が違うので、要注意。

この辺がインターネットの使い方で、
買い物上手か、イマイチが分かれるのかなーと思ったりする。

posted by アンドレアス at 11:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

日経NETWORK2009年4月号を今頃(^^)読む

メモです。

・BBルーターのNAT機能を自動でオフにする機能が標準になりつつある。

・QoSいろいろ
 大きく2つ。
 
--アプリケーションの種類に応じて利用可能大域の上限を設定する方法

--ユーザやネットワーク(VLAN)ごとに最低限保障する帯域を設定する方法

・家庭向けルータ「ポートプライオリティ」
 2段階・・・優先するか否か

・WMM(WiFi Multimedia)
 無線LAN用のQoSは4段階
 音声、データ、ベスト・エフォート、バックグラウンド



要点解説 IPルーティング入門

要点解説 IPルーティング入門

  • 作者: 久米原 栄
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2007/02/24
  • メディア: 単行本





改訂3版 徹底攻略Cisco CCNA問題集[640-801J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

改訂3版 徹底攻略Cisco CCNA問題集[640-801J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

  • 作者: 倉橋 かおり
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2009/06/01
  • メディア: 単行本



posted by アンドレアス at 08:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

JUNOSに関する書籍を探しているなら

日本語の書籍は、最近発売されていません。
書店へ行けばわかると思いますが、Oreilyの英語書籍のみだったと
思います。



参考までに。

この程度の英語は、わかるはず!
posted by アンドレアス at 06:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする